フリーターキャッシングの基準は安定した収入のあることが前提。

最近では、定職についていないアルバイトやパートもキャッシングができる消費者金融が増えました。しかし、フリーターはキャッシングには向いていないと言われています。社会的に信用がないことが起因します。そのため、審査に時間がかかってしまうことが多くあります。

会社員なら最短30分で審査の結果通知を行っている消費者金融に申し込んだとしても、フリーターだったら1時間からそれ以上審査にかかってしまうことがあります。しかし、申し込み先の審査基準によりますが借り入れはできます。フリーターキャッシングは限度額が低くなる可能性があります。

例えば、フリーターの人で自分の年収が100万円だったら、3分の1なので25万円以上は借りれません。今すぐお金を借りる「即日融資」は、フリーターでも借り入れできます。しかし、借り入れできるのはフリーターでも安定した収入のある人だけです。一番早くお金を借り入れできるので、審査基準をしっかり確認してから申し込みしましょう。

フリーターだとキャッシングの審査基準を比較してる場合はなく使える金融業者は限られてくるでしょう。

 

カード発行なしでお金を借りることができるキャッシングとは?

消費者金融のキャッシングでは、ATMを使うためのカードを発行せず、インターネットでの手続きや銀行振り込みを活用してお金を借りるWEB完結のサービスに人気が出ています。これは申込手続きだけでなく、借り入れや返済の手続きも全てインターネット上で完結させるというサービスです。

カードや契約書類が自宅に届きませんので、キャッシングのことを他人に知られたくないと思っている人にとっては価値のあるサービスです。わざわざ店舗に出向く必要もないので仕事を持つ人にも大変便利です。

WEB完結でお金を借りる場合、融資の受け取りは手持ちの銀行口座に振り込みを依頼する方法が主となり、毎月指定日返済は銀行引き落としかキャッシング会社の返済口座にお金を振り込むことによって返済手続きを行います。

実際に利用をスタートした後にやっぱりカードが欲しいと思った場合は、自動契約機でカード発行ができる場合もありますが、途中でカード発行は出来ず最後までWEB完結での利用となるサービスもありますので申し込み前にしっかりと確認しておきましょう。

サラ金の過払い金問題は何が問題だったのか

2000年代前半、サラ金や商工ローンの悪質な取立てが取り沙汰されていました。連日ワイドショーを見ると、商工ローンの悪質な取立てが面白おかしく放送されており、本来なら、テレビ広告費を出してもらっているサラ金や商工ローンはこの様な事はテレビ的にNGであったにも関わらず、過剰なまでの個人ローン叩きが行われました。

当時、サラ金も商工ローンもブラックリストに載った状態とされる多重債務者に対しても、保証人をつけさせる事により融資をしていました。同時に利息制限法と出資法を悪用してグレーゾーン金利での融資を行い、利鞘を大きく稼いでいたのです。悪質な取立て問題は、グレーゾーン金利問題からの過払い金問題になり、次回ステージの消費者金融再編時代へと移行していきます。

商工ローンと同様、悪質な取立て行為を行っていた消費者金融は過払い金請求で業界大手武富士が消滅します。アコム、プロミスも債務超過に陥りますが、銀行グループの支援で事なきを得て、アイフルは事業再生ADRで実質破綻状態の処理をしました。アコム、プロミスは銀行に経営権を渡す形になり、消費者金融業界は様変わりしてしまいました。グレーゾーン金利で荒稼ぎをした代償は思いの外高くついたと後悔しているのかも知れません。

 

ファクタリングのメリット

最近、新たな資金調達手法として注目を集めているのがファクタリングです。ファクタリングとは簡単に言えば売掛金などの債権などをファクタリングを行っている企業へ売ってしまい、現金化するという方法です。

では、ファクタリングのメリットは何でしょう。

それを理解するためには売掛金などの債権保有をしている際のデメリットを理解する必要があります。これは、とても簡単です。売掛金は立派な資産です。しかし、売掛金ではコンビニやスーパーで買い物できませんよね。つまり、同じ資産でも現金か売掛金化によって大きく流動性が変わってきます。

この流動性を高められるのが、ファクタリングの最大のメリットです。やはり企業としても、現金での資産保有は非常に大切です。例えば、突発的な事象が起き、資金が必要になった場合、資産上は問題ないけど、全部が売掛金であったら、その資産は使えません。つまり、売掛金は担保性があるように見えてあまりその性質は無いのです。

このように、ビジネスの世界では、掛け取引は当たり前のように行われていますが、売掛金の保有期間が長くなり、売上の代金回収遅れるほどほどその資産の有効性は低くなるということです。

 

審査の甘いカードローンは金利が高いので注意して下さい

今までお金に困ったことのない人でもいつお金に困ることになるかわかりません。生活をしていれば、急な出費があることだってあるはずです。そんなときはお金を借りるなんて私には不要だなんて言っている場合ではなくなるかもしれません。カードローンを利用するのは可否があるかもしれません。

しかし本当にお金が必要になったらカードローンを利用するのもいいのではないかと思います。そんなときのためにカードローンの知識があると、いざお金を借りなければいけなくなったときに役に立つかもしれません。お金を借りることのできるのは銀行のカードローンや消費者金融、クレジット会社、信販会社などのノンバンクになります。

銀行もノンバンクもお金を借りるときには必ず審査があります。もし審査に通らなくてお金を借りることができなかった場合、ノンバンクより審査の甘いカードローンを利用したくなると思います。しかし、審査が甘いということは金利がノンバンクよりも高いということです。利用を検討するならこのことを頭に入れて検討するようにしてください。