フリーターキャッシングの基準は安定した収入のあることが前提。

最近では、定職についていないアルバイトやパートもキャッシングができる消費者金融が増えました。しかし、フリーターはキャッシングには向いていないと言われています。社会的に信用がないことが起因します。そのため、審査に時間がかかってしまうことが多くあります。

会社員なら最短30分で審査の結果通知を行っている消費者金融に申し込んだとしても、フリーターだったら1時間からそれ以上審査にかかってしまうことがあります。しかし、申し込み先の審査基準によりますが借り入れはできます。フリーターキャッシングは限度額が低くなる可能性があります。

例えば、フリーターの人で自分の年収が100万円だったら、3分の1なので25万円以上は借りれません。今すぐお金を借りる「即日融資」は、フリーターでも借り入れできます。しかし、借り入れできるのはフリーターでも安定した収入のある人だけです。一番早くお金を借り入れできるので、審査基準をしっかり確認してから申し込みしましょう。

フリーターだとキャッシングの審査基準を比較してる場合はなく使える金融業者は限られてくるでしょう。

 

カード発行なしでお金を借りることができるキャッシングとは?

消費者金融のキャッシングでは、ATMを使うためのカードを発行せず、インターネットでの手続きや銀行振り込みを活用してお金を借りるWEB完結のサービスに人気が出ています。これは申込手続きだけでなく、借り入れや返済の手続きも全てインターネット上で完結させるというサービスです。

カードや契約書類が自宅に届きませんので、キャッシングのことを他人に知られたくないと思っている人にとっては価値のあるサービスです。わざわざ店舗に出向く必要もないので仕事を持つ人にも大変便利です。

WEB完結でお金を借りる場合、融資の受け取りは手持ちの銀行口座に振り込みを依頼する方法が主となり、毎月指定日返済は銀行引き落としかキャッシング会社の返済口座にお金を振り込むことによって返済手続きを行います。

実際に利用をスタートした後にやっぱりカードが欲しいと思った場合は、自動契約機でカード発行ができる場合もありますが、途中でカード発行は出来ず最後までWEB完結での利用となるサービスもありますので申し込み前にしっかりと確認しておきましょう。